アンチウイルスとは何ですか?

アンチウイルスは、ウイルスやワームなどの悪意のあるソフトウェアプログラムを検出、防止、および削除するためのソフトウェアです。これらは、コンピュータやその他のデバイスをコードやウイルスから保護し、ユーザーにセキュリティを提供するために使用されるプログラムです。

マシンがウイルスに感染する方法はいくつかあります。それらは、ペンドライブ、電子メール、エロティックまたは疑わしいコンテンツのあるサイト、感染したファイルやプログラムのダウンロード、およびその他のさまざまな手段を介して出現する可能性があります。これらのウイルスと悪意のあるコードは、データの記録、破損、破壊、および他のマシンへの情報の転送を行うコンピューターまたはその他のデバイスの動作を妨害することを目的としています。

ただし、ウイルス対策には、ウイルスの侵入を防ぐための自動更新、スキャン、検疫などのいくつかの識別方法があります。主な方法のいくつかは、以下で詳しく読むことができます。

既知のウイルスのスキャン -新しいウイルスが発見されるとすぐに、アンチウイルスはコードを分解し、コンピューター上の他のプログラムにはない文字列と呼ばれる文字のグループに分離します。そこから、文字列はこのウイルスを識別し始めますが、アンチウイルスはシステムをスキャンしてプログラムで識別します。見つかった場合、アンチウイルスはユーザーに通知し、ファイルを自動的に削除して、後でユーザーが表示できるスペースに送信します。

ヒューリスティックセンシング -これは、ユーザーがマシンのスキャンを要求したときの実行の2番目のステップです。アンチウイルスは、複雑でエラーが発生しやすい方法を使用して、通常のプログラムでは実行できない命令がないかシステム全体をスキャンします。再構成または更新プロセス内でそれ自体または別のファイルを上書きする必要があるため、エラーが発生することがよくあります。

アルゴリズム検索 -これは、アルゴリズムを使用して結果を見つける検索です。

整合性チェック -チェックディジットをデータベースに記録するメカニズムを指します。これにより、比較のためにアンチウイルスが将来チェックできるようになります。新しいチェックが実行されると、システムは保存された情報を含むデータベースを使用して比較を行い、チェックディジットに変更がないことを確認します。

アンチウイルスと、マシンへの悪意のあるプログラムの到着を阻止および防止するためのさまざまなリソースの進化にもかかわらず、それらのどれも完全に安全であるとは見なされないことに言及する価値があります。システム内でのパフォーマンスを向上させるために、それを更新し続けることは最低限必要です。

関連記事